木杭により軟弱地盤上の構造物支持力を増加させた事例


木杭を外周から内側に向って打設することで、地盤が締まり、杭の打設範囲が1つの塊のようになります。そのため、次のような効果が得られます。
橋台基礎地盤が安定し、安定した地盤状況でコンクリート工事が可能となる。
荷重が杭先端地盤に伝達されるため、側方流動がなくなる。
荷重が杭先端地盤に伝達されるため、圧密沈下が減少する。

ルーズな地盤を木杭により締め固め地盤改良した例

お問い合わせは藤井俊逸まで