左右橋台底版連結により、軟弱地盤上の支持力を大きくした事例


軟弱地盤上の橋梁では支持力が不足するため、杭基礎とすることが多い。
支持力を増加させるため左右の橋台をコンクリート版の上に載せる構造とし、支持力の増加を図り、杭なしでの工法を提案した。その際、周囲に軽量鋼矢板を用いて支持力増加、圧密沈下防止を行った。

軟弱粘土層へ浮き基礎とした例

お問い合わせは藤井俊逸まで